初めての福井県賃貸

福井県の賃貸事情のイロハ

SOHO

独立開業したての人が、事務所の賃料を安く抑える選択肢として、賃貸オフィスとSOHOがあります。
賃貸オフィスの定義は必ずしもひとつではありませんが、一般のオフィスが賃貸借契約に基づくものであるのに対し、賃貸オフィスの多くは会員制などの契約形態をとっています。
敷金や保証金については、徴収するオフィスもあれば、徴収しないオフィスもありますが、殆どの場合は入会金が必要となります。
一方、SOHOはどうでしょうか。
こちらは一般的に、スモールオフィス・ホームオフィスという、オフィスのカタチや利用形態を指すもので、通常は一般の賃貸借契約となります。
そして多くの場合は住宅と事務所が一体になったものを指し、気の効いた物件では、プライベートとパブリックをうまく分離した間取りだったりします。
賃貸オフィスにもSOHOにも共通している点ですが、1人もしくは少人数の企業・事務所を対象としているため、共用部分の施設やサービスが結構大きなポイントになります。
例えば共用のフロントサービス。
1人や2人の事務所では、スタッフ全員が不在にすることも珍しくありません。
みんなの受付嬢が居るだけで、随分と来客の印象が変わります。
あと、入居後にその必要性を痛感するのが、会議室やミーティングスペースです。
毎日使うわけではありませんが、小さなオフィスでは荷物や書類で一杯で、商談やプレゼンをするスペースに苦労することが多いですから。
なお最近では、バーチャルオフィスやシェアオフィス、コワーキングスペースといった、専用の部屋を持たない、新しいオフィスやワーキングスタイルも随分と普及してきました。
賃貸オフィスの中には、こうしたバーチャルオフィスやシェアオフィス、コワーキングスペースを併設しているところもあります。
まずはこうした低コストの形態で契約・入会し、ある程度軌道に乗ったら専用個室の賃貸オフィスにステップアップするという手もあります。
こうした仕組みを上手に利用することをお勧めします。